スーツの色は、ネイビーかチャコールグレー

スーツ選びから学ぶファッションの基本。

 

スーツは仕事で着る服装だから、まずベーシックなタイプのスーツを選ぶ。

 

ベーシックなタイプのスーツというのは、色はネイビーかチャコールグレーがよいという。

 

ネイビーというのは紺色のことで、チャコールグレーというのは石炭色だから、どちらもかなり濃い色のスーツだね。

 

よくあるスーツの色としては、他にも茶色やベージュ、黒やグリーンなどもあるが、基本はネイビーかチャコールグレーだと覚えておくとよい。

 

茶色系のスーツは明るい色だが、膨張色(大きく見える色)であり、フォーマルな印象に乏しいので、避けた方が無難。

 

茶色というのは、実は橙色(オレンジ色)を黒っぽくした色なので、手品師のマギー司郎さんのジャケットを着ているような「ちょっと浮ついた」イメージになる。

 

また茶色という色は、肌の色とのバランスが悪いと、顔が老けて見えてしまう場合もあるので難しい。

 

一方、黒のスーツは、プロっぽく見えるが、威圧感を与えるので避けたい。

 

喪服のようにも見えたりするので、こちらは堅苦しい。

 

因みにネイビーは青系なので、知的さや誠実さを表す。

 

一方、チャコールグレーは、落ち着きや安定感のイメージさせる色になる。

 

ネイビーのスーツの場合、青色と合うネクタイを選ぶ必要があるが、チャコールグレーは無彩色(色味のない色)なので、たいていの色のネクタイを合わせることができる。

 

スーツの柄は、無地かストライプがよいが、織り柄が見える生地の方がよいようだ。

 

素材はもう圧倒的にウール・天然素材だね。

 



スーツの基本的な種類

スーツの色は、ネイビーかチャコールグレイを選ぶ。

 

基本のスーツの配色を覚えたら、他の色のスーツも着てよいが、色彩はいろんな印象を与えてしまうので、最初はネイビーかチャコールグレイが無難だ。

 

チャコールグレイは、色味がないので、いろんな色に合わせやすい色だが、ネイビーは青系統の色であるから、色相環を見て、シャツやネクタイの配色を考える必要がある。

 

と言っても、同系色や類似色の青か水色か紫か、選べる色は決まってしまうが。

 

色をネイビーかチャコールグレーに決めたら、次はスーツの種類を選ぶ。

 

スーツの種類としては、シングルスーツとダブルのスーツがあるが、ダブルのスーツなんて今時、洋服の青山にもあまり並んでないだろうから、シングルスーツを選ぶことになるはずだ。

 

そしてシングルスーツにも、2つボタン、3つボタン、スリーピースという3種類のスーツがある

 

2つボタンは、胸元のV型ゾーンが広めになるタイプで、3つボタンは、逆にV型ゾーンが狭めになる。

 

どちらが良いかは、体型や好みによって分かれるが、背が高くて細身なら、3つボタンでも似合うし、背が低くて太めなら、2つボタンでないと苦しいかもしれない。

 

またスリーピースというのは、上着とベストとズボンの3点セットになっているやつだが、、昔はスーツと言えば、スリーピースだった時代もあり、ちょっとおしゃれな感じがするね。

 

スーツの形態・バリエーションとしては、

  • ブリティッシュスタイル
  • アメリカンスタイル
  • フレンチスタイル
  • イタリアンスタイル
等がある。

 


会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加