大人っぽいファッションをするコツとは?

子供の服装というのは、頭からガバッとかぶるタイプの服が多い。

 

これは親が子供に服を着せるとき、頭からかぶせて着せたり脱がしたりで楽だからと言う理由があるだろう。

 

子供はすぐに服を汚しがちなので、汚れたらすぐに着替えさせるために、頭からかぶるタイプの服が中心になる。

 

その結果、こういう服というのは、子供っぽい家庭的なイメージになる。

 

要するに「よそ行き」ではなくて「家で着る」モノで、ファッションとしては「装い」ではない。

 

ボーダーなんかも子供がよく着ている柄で、こちらもやはり子供っぽい服装に見えてしまう。

 

子供というのは丸っこい方が可愛いので、着ると横長に見えて可愛いボーダー柄を、親はついつい選んでしまいがち。

 

あるいは人間の目は水平に並んでいるので、横長のボーダーの方が目に入りやすく、子供もボーダーを選ぶと言うことかも知れない。

 

なので子供の時の馴染みがある服のイメージで服のコーディネイトをしてしまうと、ニローニさんのように「田舎のお嬢さんぽい服」になってしまうということになる。

 


しかしこれは逆に言うと、ファッションの基本は、タテのラインをどう作るかに意識すればよいと言うことだ。

 

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加