ズボンは細身のズボンを選ぶ。 

メンズファッションで、まずやるべき事は、シルエットを意識すると言うことだ。 

 

シルエットとは、元々は「影絵」のことで、全体の輪郭を模った(かたどった)形だ。 

 

身体の輪郭だけ取って、内側を黒で塗りつぶした形が、シルエットだと考えれば良い。 

 

このシルエットがどんな形になってるか、それをまず意識してコーディネートを決める。 

 

上下が同じ幅で縦長のシルエットが、「Iライン」と呼ばれるシルエットになる。 

 

上を小さく(細く)、下を大きく(太く)して二等辺三角形の形を作るのが、「Aライン」というシルエットになる。 

 

逆に上が大きく、下が細いシルエットが、「Yライン」と呼ばれるシルエットだ。 

 

女性ファッションであれば、フォーマルや仕事着が、YラインかIライン、カジュアルやドレスが、IラインかAラインと言う風にシルエットが使い分けられる。 

 

一方、メンズファッションでは、Aラインというのは少なく、IラインかYラインが基本だ。 

 

すらっとした細身の体格であればIライン、腹が出てたり姿勢が悪い人ならYラインが基本になる。 

 

どちらも下半身・ボトムスは細めで、腰回りや足が細めの人は、スキニータイプ、太めの人は足首に向かって細くなっていくテーパードタイプのズボンを選べば良い。 

 

そう思って、ユニクロなどへズボンを買いに行くのだが、そこで問題になるのが「何色を選べば良いのか?」だ。 

 



何色のズボンを買えばよい?

メンズファッションの基本は、IラインシルエットかYラインシルエットだ。 

 

そのため、ズボンは細身のスキニーか、先細りのテーパードタイプのズボン。 

 

ここまでは分かった。 

 

そこでユニクロなどの店に行って、ズボンを買おうとすると、次に問題になるのが「色」だ。 

 

シルエットを整えたは良いが、そこにどう色をつければ良いのか、これが次に迷うポイントになる。 

 

色彩調和理論(配色)では、3つの色を選べとされている。 

 

それが、ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーという3色だ。 

 

色の選び方と割合
  • ベース・カラー … 広い面積を占める色(50%以上)
  • アソート・カラー(サボーディネイト) … 2番目に広い面積の色(20-40%)
  • アクセント・カラー … 全体の1割以下の色
スーツで言えば、
  • 上着の色 ← ベースカラー
  • ワイシャツの色 ← アソートカラー
  • ネクタイの色 ← アクセントカラー
…と言うことになるだろう。 

 

となると、ズボンの色の選び方は、色面積が大きくなるので、上着の色とケンカしない色が良い。 

 

上着の色とズボンの色が合わないと、統一感がなくなって難しくなってしまうから。 

 

では、どういう色を選べば良いかというと、メンズファッションの場合は、大きく分けて「黒・茶・青」の3つの系統で考えれば良い。 

 

黒を基調とした「黒系統」、茶色やベージュを基調とした「茶系統」、デニムなどの青や紺を基調とした「青系統」だ。 

 


会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)