基本のシルエット Iライン・Yライン・Aライン

メンズファッションコーディネート、基本はまずシルエットを整えることだ。

 

シルエットというのは、全体の大まかな形のことで、シルエットがキレイに見えると、おしゃれな感じに見える。

 

逆にシルエットが整ってないと、ガサガサしていてガサツに見える。

 

このシルエットで覚えておくと良いのが、

  • Iライン
  • Yライン
  • Aライン
という3つのシルエットだ。

 

Iラインとは、上から下まで、ストーンと真っ直ぐなシルエット。

 

トップス(上半身)もボトムス(下半身)も、細身のモノで揃えるというコーディネートだ。

 

Iラインは肩幅が狭く、痩せている人向きのコーディネートになる。

 

Yラインというのは、トップスを大きくし、ボトムスを小さくシルエットを整えるコーディネートだ。

 

逆三角形▼の形をイメージすると良い。

 

Yラインは肩幅が広い男性や、太った人向きのコーディネートになる。

 

Aラインというのは、トップスを小さくし、ボトムスを大きく整えるコーディネートだ。

 

Aラインは三角形▲の形のコーディネートで、どちらかというと女性向きのシルエットだ。

 

ビジネスユースと言うより、カジュアルやドレス向きのシルエットなので、男性はあまり着ないタイプのシルエットになる。

 

裾が拡がったベルボトムが流行った時代もあるから、ファッションとしてはあるだろうが、あまりフォーマルなイメージはないので、避けて置いた方が無難だろう。

 



硬めの素材でシルエットを整える

シルエットを整える場合に重要なのが、実は素材の選び方だ。

 

素材と言っても色々あるのだけれど、ここでは生地の分厚さや硬さだ。

 

というのも服の素材によっては、自分の体型がもろに出てしまうからだ。

 

特に柔らかい素材の服の場合は、体型がシルエットに出てしまう

 

太りすぎていて腹が出ているとか、痩せていても猫背であったり、凹円背(おうえんばい)などがあると、美しくないシルエットが目立ってしまう。

 

素材の色やデザインも、明るい色は陰ができた時に凹凸がクッキリするし、ボーダーやストライプなどの模様の素材であれば、凹凸が線のゆがみとして、より強調されてしまう。

 

だから、自分の身体のラインを他人に見せたいような場合であれば、柔らかくて身体の凹凸が出やすい素材で、身体にぴったりした服を選べば良い。

 

逆に体型を隠したい場合は、硬めの素材の服を選ぶか、柔らかい素材でも少しブカブカ目の服が良い。

 

硬めの素材の服というのは、生地が硬かったり分厚いので、着ると窮屈になることも多いのだが、硬いだけあって形が崩れにくい。

 

楽だからと言って、身体にぴったりした、鹿の子のポロシャツなんかを着たら、でっぷり太った腹回りが、裸の時と同じくらい目立ったりする。

 

それなら、少し大きめのワイシャツを、直接肌の上に着た方が体型が目立たない。

 

アロハシャツのような、ブカブカで着るような、そういうタイプのトップスを着た方が良い。

 

そうしてズボンはテーパードタイプのズボンで、Yラインを作るように意識した方がマシだ。

 

シルエットの話のまとめ
  • メンズファッションの基本シルエットは、YラインまたはIライン。

     

  • ズボンは細身のズボンか、テーバードタイプのズボンを選ぶ
  • 体型によってシルエットが崩れる場合は、硬い素材の服かダボッとしたトップスを選ぶ


会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加