夏は襟が立つシャツとネクタイ、そして細身のズボン

夏は襟が立つシャツとネクタイ、そして細身のズボン

夏は襟が立つシャツと細身のズボンを着るべし

夏は上着を脱いで仕事をすることが多いので、シャツやネクタイが主役になる。

 

そのため、襟が立つようなシャツが良く、ボタンダウンスナップダウンが良い。

 

ボタンダウンシャツというのは、シャツの襟の先にボタン穴がついていて、前身頃にあるボタンをはめるタイプ。

 

スナップダウンシャツというのは、襟先にスナップがついているタイプで、外見は普通のシャツであるが、襟をしっかり立てることができる。

 

またネクタイをしないなら、ワンピースカラーシャツもある。

 

夏は汗でよれたり汚れたりしやすいので、替えのシャツは常に持ち歩くか仕事場に置いておくべきだろう。

 

また夏に限らず、普段から上着を脱いで仕事をするなら、ズボンは少し細身のものを選ぶべきだ。

 

というのも上着がないと、ズボンだけがダボッと大きく見えてしまうから。

 

シャツもズボンも、ダボッとするとどうしても汚く見えるので、サイズ感がぴったりしたモノを選ばないといけない。

 

夏のズボンは、フォーマルな場合はウール、ビジネスカジュアルであれば、綿や麻でもよいが、クリース(折り目)は絶対に必要だ。

 

ジャケットは裏地のない軽いモノが良い。

 

夏はもうとにかく「軽く、涼しげ」というのが重要だ。

 

ベルトや鞄なども、夏は軽い素材で揃えた方が良い

 

というのも重厚なバッグやベルトは、重くて暑苦しくみえるから。

 


スポンサードリンク

ネクタイの長さは、締め方で調節する

夏のスーツスタイルの主役は、シャツとネクタイだ。

 

ノーネクタイの場合は、ワンピースカラーという、ネクタイをしないことを前提に作られたシャツを用意して着ると良い。

 

一方、ネクタイをする場合は、丈をピッタリにしないといけない。

 

上着を脱いでいる状態では、ネクタイはもの凄く目立つから、丈はしっかりと調整しないといけない。

 

ネクタイの丈は、ベルトのバックルがちょっと隠れるくらいがちょうど良く、それより短いと子供っぽくなり、それより長いとだらしなくなる。

 

そのため、ネクタイの締め方は、最低でも2〜3種類覚えておかねばならない。

 

ネクタイの締め方にも色々あるが、次の4つを覚えておけば良い。

 

ネクタイの結び方のいろいろ

プレーンノット(シンプルノットとも言う)
一番シンプルで基本的な結び方。

 

たいていのシャツに合うが、細身でボリウム感が少ない。

 

ボリウム感は、ネクタイの分厚さにも寄るので細いとは限らないが。

 

ネクタイの太い方を、細い方に後ろから一回巻いてから、クビの間に通して結ぶ。

 

縦長のノットになる。

 

ダブルノット
プレーンノットで、2回巻いてからクビの間に通して結ぶ。

 

プレーンノットよりボリウムが必要なときに使う。

 

ハーフノット(セミウインザーノット)
セミワイド・ワイドカラーなどに合う、ボリウムのある結び方。

 

横幅のあるノットになる。

 

ウインザーノット
ハーフノットよりも、さらにノットが太くなる結び方。

 

セミワイドカラー、ワイドカラー向き。

 

ネクタイにも、分厚いネクタイから、ぺらぺらの薄っぺらいネクタイまであるので、結び方でボリウムを調整できるようにしよう。

 


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加