コーディネート、最初はシルエットを考える

ファッションの基本は、シルエットと色遣いだ。 

 

シルエットというのは全体の形で、パッと見たときの印象を決める。 

 

丸い、四角い、細い、太い、三角形、逆三角形、などなど。 

 

色遣いは、地味、派手、フォーマル、カジュアル、シンプル、ゴチャゴチャなどなど、ファンションセンスのあるなしを決める。 

 

なのでコーディネートを作るには、第一にはシンプルな色遣いで、シルエットを整えればよいことになる。 

 

そしてシルエットも、大きく分けると、Iライン(アイ・ライン)、Yライン、Aラインという3つに分類される。 

 

コーディネートの基本シルエット
  • Iライン … 上下共に、小さくするシルエット
  • Yラインは … 上を大きく、下を小さくするシルエット
  • Aラインは … 上を小さく、下を大きくするシルエット
男性のファッションの場合は、IラインかYラインを選べば良い。 

 

Aラインというのは、女性向きのシルエットなので、これは除外してしまった方が簡単だ。 

 

となると男性のボトムス(下半身)は、常に細身のシルエットになるような、ズボンを選ぶことになるから簡単だ。 

 

細身の人は、スキニーパンツか細身のスラックス、太っている人は、裾が細くなっている「テーパード」(Tapered)のズボンが良い。 

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

シルエットがキレイに見えるズボンの選び方

メンズファッションコーディネイトのズボンの選び方の第一は、細身のズボンを選ぶことだ。 

 

細身のズボンといっても色々あるが、痩せている人はスキニーパンツ、太っている人はテーパードパンツを選ぶ。 

 

スキニーパンツは足にピッタリとしたパンツで、腰回りや太ももが細い人に似合う。 

 

スキニータイプのズボンというのは、分厚いタイツみたいな感じなので、足がすらっと長い人には非常に似合う。 

 

逆に足が太くて短い人には、スキニータイプのズボンはだらしなく見える。 

 

また腰回りや太もも周りもキツいので、履いていてもかなり動きにくくなる。 

 

一方、テーパードパンツは、先細りのシルエットで、足先に向かうにつれて細くなっているタイプだ。 

 

テーパードタイプのズボンであれば、腰回りや太ももが太くても、シルエットはキレイに見える。 

 

腰回りや太ももあたりは余裕があるので、動くのも動きやすいし楽なはずだ。 

 

テーパードタイプのズボンの場合、丈は短めのモノを選ぶと良い。 

 

特に夏物の明るい色のズボンの場合は、足首やスネが見えるくらいのもので良い。 

 

色は靴の色と同系色のモノを選べば良い。 

 

黒っぽい靴の場合は黒かチャコールグレイ、茶色い靴の場合は、茶色やベージュか白、青っぽい靴の場合は、青・水色か白。 

 

色は、上半身の服(トップス)との兼ね合いもあるので、自分に合ったズボンがあれば、色違いも買っておけばよい。 

 

配色は別の章にまとめてあるが、メンズファッションの場合は、次の3つの系統を覚えておけば良い。 

 

メンズファッションの配色の基本3系統
  • 無彩色タイプ(黒・グレー・白)
  • 茶色系統(茶色・ベージュ・赤)
  • 青色系統(青・水色・黄緑)
色調としては、春夏はペールトーン(白っぽい色)、秋冬はダークトーン(黒っぽい色)を選べば良い。 

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング