茶色系統のまとめ方 青系統のまとめ方

茶色系統のまとめ方 青系統のまとめ方

ベースカラーを茶色にしたときの配色例

メンズファッションのコーディネート。

 

色の選び方の話の続き。

 

ビジネススーツの色は、大きく3つの系統に分けられる。

 

それが、黒・茶・青だ。

 

黒系統とは、黒とチャコール・グレー(木炭色)、そしてグレー(灰色)という無彩色のグループだ無彩色というのは色調(トーン)がない色で、12色相環には入っていない白・黒・灰色だ。

 

一方、茶系統とは、茶色、ベージュ、オレンジ、赤、ピンクなどと言ったグループだ。

 

茶色やベージュはオレンジ色を暗くした色で、12色相環では左上側に並んでいる。

 

また青系統とは、青、青緑、青紫などで、12色相環では右下側に並んでいる。

 

色相環は、一番遠い場所に反対色が来るようになっているので、左上側の茶系統と右下側の青系統は、真反対の系統だと言うことが分かる。

 

そのため、茶系統と青系統の色は、組み合わせると汚くなることが多い。

 

そこでベースカラーを決めたら、アソートカラーは類似色から選ぶ。

 

類似色というのは、色味が近い色のことで、色相環で言うと左右2コまでの範囲の色が、類似色だと思えば良い。

 

茶色は赤寄りのオレンジの濃い色なので、両側の赤と黄色寄りのオレンジ、さらにその外側の赤紫と黄色くらいまでが、合わせやすい色と言うことになる。

 

ベースカラーを茶色にしたときの配色例。

 

因みに、茶色系で合わせるときは、赤や黄色や緑といった色を、上手く使うとくどくならない。

 



ベースカラーを青・紺色系にしたときの配色例

色の組み合わせ・配色法には、様々な組み合わせ方がある。

 

しかしメンズファッションに関して言えば、黒・茶・青の3つで考えれば良い

 

というのもスーツはこの3系統だし、靴やバッグも黒か茶色が殆どだから、ベースカラーが決まっているわけだ。

 

女性の場合は、靴もバッグも様々な色があるため、服の色も非常にバラエティ豊かだが、残念ながらメンズファッションはそれほどでもない。

 

そのため、基本はもう黒か茶色か青で考えて、あとはそれをどう組み合わせるかを考えれば良い。

 

そしてベースカラーが決まれば、アソートカラー(2番目に広い面積の色)は、類似色に決めておけば良い。

 

たとえばベースカラーを青・紺色系にすれば、類似色は青緑・緑と青紫・紫なので、その中から色を選んで合わせれば良い。

 

ベースカラーを青・紺色系にしたときの配色例
この配色例を見ると、何となく青すぎないかと思うが、ファッションの場合は、白いシャツなどを組み合わせば、特におかしな組み合わせにならない。

 

この配色は、ジャージの色だと思えば、そんなにおかしな感じはしないはずだ。

 

スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加