ブリティッシュスタイルとアメリカンスタイル

ブリティッシュスタイルとアメリカンスタイル

ブリティッシュ・スタイルとかアメリカン・スタイル

スーツの形状には、次の4つのスタイルがある。

 

  • ブリティッシュ・スタイル
  • アメリカン・スタイル
  • フレンチ・スタイル
  • イタリアン・スタイル
これら4つのスタイルは、肩の形やウエストの絞り方に特徴がある。

 

まずブリティッシュ・スタイルは、肩のラインが角張っており(スクエア・ショルダー)、ウエストもぎゅっと締まっていて、細身の人向き

 

頑固なイギリス紳士が着るイメージで、ちょっとお堅い雰囲気のスーツだ。

 

2番目のアメリカン・スタイルのスーツは、肩パッドを使わないので角張っておらず、ウエストも絞っていないので、ちょっと太めの人や体格のよい人向きのスーツだ。

 

フレンチ・スタイルやイタリアン・スタイルのスーツは、肩幅が広い人向きのスーツで、肩のラインが丸くなっている。

 

ただしウエストは絞られて細くなっているので、逆三角形体型の人向きか。

 

これらのスーツのスタイルは、ゆるやかな流行があって、10年前のスーツなどは、今とかなり違うはずだ。

 

因みに、洋服の青山などの量販店で売られているスーツでは、A体とかB体とかY体というサイズ表示がある。

 

これは日本工業規格(JIS)によって決められたもので、ブリティッシュ・スタイルとかアメリカン・スタイルとは関係ないが、体型に合わせて定められた規格なので、自分がどの体型に一番近いかは、覚えておいた方がよい。

 

ただし既製服はあくまで、標準的なサイズで作られているので、サイズ感のあったスーツは見つからないかもしれない。

 


スポンサードリンク

太っているか痩せているか、肩幅が広いか

スーツ選びの際に重要になるのが、着る人の体型だ

 

太っている人と痩せている人では、腹回りが違うので、スーツのシルエットが違う。

 

太っているのにウエストが絞られて細くなったスーツは無理だし、痩せた人がゆとりがあるスーツを着ると、ダボダボ感が出てしまってサイズ感が悪い。

 

ブリティッシュスタイルとかアメリカンスタイルとか、いろんなスタイルがあるけれど、とにかく自分の体型に合ったスーツを探さねばならない。

 

でないとあちこちに余分なシワができたり、ダボダボになって、サイズ感が悪くなる。

 

キツすぎないかどうかは、いろんなチェックリストがある。

 

スーツのチェックリスト

立ってボタンを留めた状態でのチェック
  • 襟が首回りにフィットしているか。

     

    後ろ首に襟が沿っているか。

     

  • 後ろ姿で、縦じわや横じわが入っていないか。

     

  • 胸元に拳が一つはいる程度のゆとりがあるかどうか。

     

動いてみてチェック
  • 腕を上げたとき、身ごろが上にあがりすぎないか。

     

  • 腕を上げたときに、襟がくびにかからないか。

     

  • 左手を右脇下に手を入れてみた時、キツくないか
  • 椅子に座って床のモノを拾う姿勢でも楽に作業ができるか。

     


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加