柄物は一つだけにするべし

柄物は一つだけにするべし

色の組み合わせは、とりあえず似た色を、2つだけ組み合わせる

メンズファッションのコーディネート。

 

メンズファッションの場合は、ベースカラーは黒か茶色か青になる。

 

ベースカラーと言うのは、一番広い面積を占める色で、全体の印象を決める色だ。

 

男性の場合、靴は黒か茶色が多いため、どうしてもこの3系統のどれかになってしまう。

 

逆に言うと、それさえ分かっていれば、色選びというのは難しくなくなる。

 

と言うのも、茶色系統と青色系統というのは、ほぼ反対色の色のグループなので、これらを混ぜなければ統一感が出るからだ。

 

茶色を基準にして考えると、赤色、オレンジ色、黄色などは、色調が近い類似色と言うことになる。

 

なのでこれらの色を2色組み合わせれば、とんでもない組み合わせにはならない。

 

一方、青色系統をベースカラーに選ぶと、緑色や青緑、青紫や紫色が類似色だから、これらの近い色を合わせると、大ハズレにはならない。

 

ただ、同系色とか類似色だけの配色は、無難だが面白みに欠けるものだから、アクセントカラーをどこかで使うと、引き立つ。

 

あるいは、白地のシャツをベースにして、類似色を2種類使うなどと言う工夫も良い。

 

配色は、使う色の数が増えれば増えるほど、組み合わせが難しくなってしまう

 

2色の組み合わせより3色は難しいし、3色より4色はさらに難しい。

 

配色理論については、また別の章で詳しく紹介するが、メンズファッションの場合は、そんなに複雑な配色は必要が無い。

 

色は2色(白・黒・グレー以外)にして、白や黒やグレーを組み合わせれば、メンズファッションとしては十分すぎる。

 


スポンサードリンク

ハッキリした柄の服を、1つだけ着る

メンズファッションのコーディネート、基本はシルエットと配色だ。

 

メンズファッションの場合は、カラフルな色遣いは必要無いので、ベースカラーとアソートカラーだけ、しっかり合わせておけば十分だろう。

 

黒と薄いグレーの組み合わせとか、紺色と水色の組み合わせとか、色味が同じで、明るさが違った色の同色系の組み合わせでも、それなりのコーディネートにはなる。

 

ただ別の問題もある。

 

それが「服のデザイン」「柄」だ。

 

服と言っても様々なデザインがあり、様々な模様や柄があったりする。

 

これらのデザインや柄が入った服は、どう組み合わせて着れば良いのか。

 

よく言われているのは、

柄のあるアイテムは、1つだけにする。

 

ということだ。

 

メンズファッションの場合は、「無地の服」を組み合わせ、その中の一つだけ柄物にすれば良い。

 

柄モノのシャツを着たい場合は、上着やズボンは無地のモノにする。

 

カラフルなシャツや上着を着たい場合は、ズボンは黒の無地のズボンにすれば良い。

 

逆に上着やズボンを柄モノにする場合は、シャツは無地のモノにする。

 

たとえば迷彩色のズボンをはきたいのなら、シャツや上着は無地のモノを選べば良い。

 

というのも2つ以上の柄モノの服を同時に着てしまうと、お互いに主張が強く、ごちゃごちゃしてしまって汚くなるのだ。

 

他人に見せたい柄モノは一つに絞り、他はそれを引き立たせる無地のアイテムにするわけだ。

 


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加