スーツなのに、靴がダサイ

ファッションに関して、知らないでやっている失敗というのは多い。 

 

たとえばスーツにはカジュアルシューズはダメ。 

 

カジュアルシューズというと、スニーカーだとか、サンダルだとか言ったモノだと思いがちだが、実は革靴でもダメな靴というのがある。 

 

黒やグレーなどの革靴でも、ローファーとかスリッポン、モカシンなどいうタイプの靴は、カジュアルシューズであって、フォーマルシューズではない。 

 

スーツに合うルシューズというのは、黒か濃い茶色の革靴で、細長い靴で、つま先が丸くないものになる。 

 

具体的には次のようなタイプの靴になる。 

 

スーツを着るときに履ける靴
  • ストレート・チップ(どフォーマル)
  • プレーン・トウ(フォーマル)
  • Uチップ、Vチップ(くだけたフォーマル)
ファッションの基本は、フォーマルとカジュアルの使い分けにあって、TPO(場所や目的)に合わせて、上手く使い分けないとダサイ格好になる。 

 

だからフォーマルな集まりに、ジーンズやズックを履いていくのはダメで、カジュアルな集まりにストレートチップの靴を履いていくとKYなヤツだと見なされてしまうわけである。 

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

門前払いを喰らわないためにもフォーマルを覚えよう。 

ファッションの基本は、まずフォーマルとカジュアルの使い分けにある。 

 

フォーマルな集まりにはカジュアルな服装は厳禁だし、逆にカジュアルな集まりには、フォーマルな服装は場違いである。 

 

フォーマルというのは「正装」という意味で、結婚式や葬式などにも着ていけるファッションだと思えばいい。 

 

一方、カジュアルというのは「普段着」という意味で、こちらは結婚式やお葬式には着ていけないファッションだ。 

 

仕事などの場合は基本的にフォーマルなファッションが要求されるが、仕事内容によっては、カジュアルっぽい服装も許される。 

 

仕事によって服装が異なるのは、仕事の内容が違うからで、たとえば工場や工務店やスーパーなんかだと、フォーマルな格好では動きにくいので、かえって「仕事をやる気がない」というふうに捉えられてしまう。 

 

要するに、フォーマルとカジュアルの間というゾーンがあって、その境目がハッキリしないために、ダサい格好をしている人間は困ってしまっているわけである。 

 

しかし格式張ったことが好きな人や、ファッションに明るい人には、フォーマルとカジュアルの差は歴然としていて、一目見るだけで、その人がファッション知識があるかどうかがわかってしまう。 

 

そして「分かってるな」と判断されれば仲間に入れるが、「分かってないな」と思われたら、仲間に入れるどころか遠ざけられる。 

 

営業さんなどは、だから、訪問先に会わせた格好をしていかないと、門前払いされかねないわけだ。 

 

NEXT:


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング