大人っぽいファッションをするコツとは?

子供の服装というのは、頭からガバッとかぶるタイプの服が多い。 

 

これは親が子供に服を着せるとき、頭からかぶせて着せたり脱がしたりで楽だからと言う理由があるだろう。 

 

子供はすぐに服を汚しがちなので、汚れたらすぐに着替えさせるために、頭からかぶるタイプの服が中心になる。 

 

その結果、こういう服というのは、子供っぽい家庭的なイメージになる。 

 

要するに「よそ行き」ではなくて「家で着る」モノで、ファッションとしては「装い」ではない。 

 

ボーダーなんかも子供がよく着ている柄で、こちらもやはり子供っぽい服装に見えてしまう。 

 

子供というのは丸っこい方が可愛いので、着ると横長に見えて可愛いボーダー柄を、親はついつい選んでしまいがち。 

 

あるいは人間の目は水平に並んでいるので、横長のボーダーの方が目に入りやすく、子供もボーダーを選ぶと言うことかも知れない。 

 

なので子供の時の馴染みがある服のイメージで服のコーディネイトをしてしまうと、ニローニさんのように「田舎のお嬢さんぽい服」になってしまうということになる。 

 


★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

しかしこれは逆に言うと、ファッションの基本は、タテのラインをどう作るかに意識すればよいと言うことだ。 

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング