トーンには、イメージや雰囲気がある。 

モテるファッション・コーディネイト。 

 

今回はトーンの話の続き。 

 

ファッションがちぐはぐに見える一つの原因が、違うトーンの服を混ぜて着ること。 

 

もちろんファッション上級者になると、違うトーンの服を混ぜて着てもカッコいいが、たいていの場合、失敗する。 

 

その理由は、トーンにはイメージが付いていて、違うトーンの服を混ぜて着ると、何がなんだか分からなくなるってことだ。 

 

ということでここで、主なトーンを最小限覚えることにする。 

 

最初は明るい輝く色であるヴィヴィッド・トーンだ。 

 

明るく華やかなトーン(ヴィヴィッド・トーン/ブライトトーン)

ヴィヴィッド・トーン(vivid tone)は高彩色の派手でさえた色。 

 

純色に白や黒を混ぜない濁りのない色になる。 

 

ヴィヴィッドとは、生命力あふれる色なので、夏に生い茂る草花の色というイメージだな。 

 

ヴィヴィッド・トーンまたヴィヴィッド・トーンに近いトーンとしてブライトトーン(bright tone)がある。 

 

これはヴィヴィッドに少しだけ白を混ぜたような色で、華やかな色だ。 

 

ブライトトーンブライトトーンは、ヴィヴィッドに比べて多少落ち着きがあるので、ギラギラした色が苦手な場合はブライトトーンでまとめるとなんとなく聡明そうに(頭良さそうに)見えるかも。 

 


★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

白っぽい色、黒っぽい色は、季節によって使い分ける。 

モテるファッションのための、トーン学習。 

 

ヴィヴィッド・トーンやブライト・トーンは明るい純色だったが、春夏のシーズンには、これに白を混ぜたトーンが主体になる。 

 

逆に秋冬のシーズンには、ヴィヴィッドやブライトにグレーを混ぜたようなトーンが主体になる。 

 

春夏の明るいトーン(ペールトーン/ライトトーン)

ペールトーンとライトトーンは、ヴィヴィッドトーンのバリエーション。 

 

ライトトーン(light tone)はビビッド色に白を混ぜた色で、澄んだ色になる。 

 

モテファッションの大原則(5)春夏は、明るいトーンで統一ペールトーン(pale tone)は高彩色のヴィヴィッドな色に、白をたくさん追加したような白っぽい、とても淡い色のトーンだ。 

 

モテファッションの大原則(5)春夏は、明るいトーンで統一このほかにもさらに白っぽいパールトーンというトーンもあるが、ペールトーンなどの白っぽい色は、男の肌の色には合いにくいので、赤ちゃんとか女性向きのトーンだと思っておけばいいだろう。 

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング