隣接色は色が合いやすい

モテるファッションのための配色講座。 

 

2色の色の合わせ方は、最初にダイアード(反対色)を紹介したが、実は隣接色の方が合いやすい。 

 

色相が近いということは、それだけ共通点が多いということなので、合うのはある意味当たり前だが。 

 

(ただし変化が少ないので、パッともしないが)ということで具体的に色見本で、どんな感じになるのか見てみることにする。 

 

まずは復習を兼ねて、ダイアード配色から。 

 

ダイアード配色(トーン違い)
色相環で反対の位置(180度)にある色の組み合わせ。 

 

トーンはブライトトーンとペイルトーン。 

 

ダイアード配色の例ダイアード配色では、主にする色の反対色を、主にする色の引き立て役として使うと使いやすい。 

 

なので引き立て役の反対色は主人公の色のすぐ横に置いて主人公の色が際だつように組み合わせると良い。 

 

やり方としては、主人公の色の面積を大きくして、反対色の面積をほんのちょっとにして添える。 

 

要するに影のように背景風に使えばいい。 

 

ペールトーンのような薄いトーンを使えば、主人公の色は際だつのでキレイに見せることができる。 

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

類似色の組み合わせの例

2色の組み合わせとして、隣接色や類似色を使うという方法は、無難であると同時に、雰囲気を作りやすい。 

 

つまり暖色(赤やオレンジ色)同士だとか、寒色(青や青紫)同士が並ぶので、心理的な印象や効果を一致させることが出来る。 

 

色の組み合わせには明瞭性、つまり色の違いがハッキリしていることも重要なのだが、色相が遠くなると違いはハッキリする一方、それに反して類似性がなくなっていくので、だんだん合わなくなるという矛盾がある。 

 

なので色相が近ければ統一感があるが、おもしろみがない。 

 

逆に色相が遠ければ、変化が大きいが、リスクも大きいと言うことになる。 

 

隣同士の配色
最初は12色相環で隣にある色との組み合わせ。 

 

トーンはどちらもブライト・トーンで共通。 

 

隣同士の配色の例

一つおき配色
12色相環で1つおいて隣にある色との組み合わせ。 

 

トーンはブライトトーンで共通。 

 

一つおき配色

二つおき配色
12色相環で2つ置いて隣にある色との組み合わせ。 

 

二つおき配色同じトーンの色の組み合わせの場合、90度違っていてもさほど違和感はないね。 

 

こういう風にトーンを統一した組み合わせを特にトーン・イン・トーン配色と呼ぶ。 

 

同じトーンの色というのは、似たようなイメージを与えるので、それによって統一性が出てくるって事だ。 

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング