スーツ選びで最も重要なのは「サイズ感」

スーツ選びで最も重要なのは「サイズ感」

スーツ選びで学ぶ、ファッションの基本

スーツの着こなしは、できる男の必須条件だ。

 

男性が一番かっこよく見える服装は、スーツだと言うから、スーツの選び方や着こなし方は、なんとしてもまず覚えておかないといけない。

 

一般女性の約8割は、スーツの着こなしがよいと、仕事ができると判断しているというデータもあるから、自分に合ったスーツを選べるだけで、かなりの好印象を得ることができる。

 

では、どういうところに気をつけてスーツを選べばよいかというと、これがなかなか一言では説明できない。

 

というのもスーツだけがよくても、シャツやネクタイ、靴や靴下、鞄やベルト、時計と言ったアイテムまでをひっくるめて、トータルコーディネイトしないといけないからだ。

 

眼鏡や髪型、ハンカチや名刺入れと言った、小物も併せて一体感を保たないと、カッコいいスーツ姿にならないのだという。

 

カッコいいスーツを買って、それを着さえすれば、カッコいい容姿が手に入るというわけではなく、洗顔やヒゲ、爪にも気を配り、シャツの替えも用意するくらいでないと、おしゃれなスーツスタイルを作ることはできない。

 

逆に言うと、スーツの着こなし方をマスターするだけで、おしゃれの基本中の基本が学べることになる。

 

と言うことでまず、スーツ選びの基本から覚えて行こう。

 


スポンサードリンク

スーツ選びは「サイズ感」が最重要

サイズ感」とは、その人の体型にピッタリ合ったサイズという意味だ。

 

サイズ感が悪いと言うことは、だぼだぼの服を着ていたり、逆にピチピチの服を着ているように見え、「自分のことをよくわかっていない」と判断される。

 

スーツを選ぶ場合、動きやすいようにとちょっと大きめのスーツを買ってしまうクセがある人は、サイズ感を台無しにするので、あまりおしゃれとは言われないはず。

 

ちょっとダボダボした感じの、体型に合っていないスーツを着ている可能性が高いってことだね。

 

なので可能な限り、自分の体型に合ったスーツをしっかり選んで着るようにしないと、そのスーツを着ている間はもう、センスのない人だと見られ続けるわけだ。

 

でも実は、既製服というのは、標準的な体型に合わせて作られているので、洋服屋に吊されているスーツを買ってきて、そのまま着ても、サイズ感はどこかおかしくなる。

 

というのも、体型は人それぞれなので、吊るしのスーツでは、自分の身体に合わないのだ。

 

たとえば肩幅が広い人もいれば、猫背の人もいるわけだから、肩周りだけでもスーツの選び方は重要だ。

 

そして肩幅が同じでも、腕が太い人と細い人がいるから、肩幅だけで選ぶと、袖がおかしいと言うようなことも起こる。

 

さらに上着とズボンでサイズが異なることもあるので、上着を中心に選ぶとズボンがおかしい、と言うことも起こる。

 

なので吊るしの既製品のスーツを買うにしても、「お直し」と言われる微調整が必要になってくるが、どこをどう直せばよいのかは難しい。

 

だからスーツのことがわかれば、一人前ということだ。

 


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加