靴とベルトは色と材質を必ず合わせる。 鞄も合わせたい。 

靴を選ぶ際に最も重要なのは、ベルトや鞄と色や材質を合わせることだ。 

 

靴とベルトと鞄という三つを揃えるのは、スーツのコーディネートの基本中の基本で、バラバラだと統一感がなくて良くない。 

 

服のコーディネートというと、いろんなアイテムを組み合わせ、華やかな出で立ちを作ると思いがちだが、基本は3色の組み合わせで作る。 

 

コーディネイトの基本では、使える色は最大で4色までで、色の面積の広さから次のように分ける。 

 

コーディネートの配色
  • ベースカラー(広い面積の色)
  • アソートカラー(次に広い面積の色)
  • ワンポイントカラー(アクセサリー的な色)
ビジネス・コーディネイトでこれを当てはめると、スーツは広い面積なのでベースカラー、シャツの色がアソートカラー、そしてネクタイの色が、ワンポイントカラーになる。 

 

となると、この時点ですでに3色を使っているから、残りはベースカラーかアソートカラーに合わせるか、違う色を使うにしても、一色しか使えないということになる。 

 

つまりベルトや鞄などの小物の色を揃えないと色数が多すぎて、一貫性がない印象を作ってしまうわけだ。 

 

これを避けるために靴とベルトと鞄の3つの色や材質を揃えると、統一感ができてまとまる。 

 



メタルも色と質感を揃える

スーツを着る場合、ベースカラーとアソートカラー、そしてワンポイントカラーは、もう既に決まってしまっている。 

 

コーディネートを4色以下でまとめるには、ベースカラーと同じ色を使うか、別の一色にまとめるしかない。 

 

なので靴は原則として黒にして、ベルトや鞄も黒いモノを揃えると良い。 

 

ダークブラウンの靴が履きたいなら、ダークブラウンの靴とベルトと鞄を揃えると良い。 

 

ただしネイビーのスーツだと、ダークブラウンより、ライトブラウンの方が合う。 

 

ネイビーのシャツやワンピースには、明るい肌色や明るい茶髪が似合うから、ダークブラウンのセットとは合わない。 

 

つまり

ネイビーのスーツ、黒(または、ライトブラウン)の靴とベルトと鞄、白か水色のシャツ、ネクタイ、
と言う組み合わせか、
チャコールグレイのスーツ、黒かダークブラウンの靴とベルトと鞄、白のシャツ、ネクタイ。 

 

というグループになるって事だな。 

 

さらに時計のベルトや財布なども合わせると、ワンパターンではあるが、コーディネートに統一感ができる。 

 

バッグは、ブリーフケース(長方形の鞄)が最適。 

 

革製のブリーフケースでも、ナイロン製のブリーフケースでもよいが、安っぽく見えるモノは避けたい。 

 

アルミなどのアタッシュケースも、ビジネスバッグとして使える。 

 

ただ揃えることを考えると、黒かダークブラウンで揃えるのが無難。 

 

ベルトの色ってそんなにバリエーションがないからね。 

 

ベルトはバックルが派手すぎず、安っぽく見えないモノを選ぶ。 

 

ベルトのバックルは、身体のセンターにくるので、目立つ。 

 

なので下品に見えないようなモノがよい。 

 

ベルトの革は、靴や鞄の革と質感を合わせたい。 

 

ベルトのバックルは、時計や小物の金属と色を合わせたい。 

 


会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話

このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)