ボタンの留め方とフラップ プリーツとクリース

ボタンの留め方とフラップ プリーツとクリース

スーツを着るときのマナー ボタンは1つだけ留める

スーツやベストなどを着るときには、上着の一番下のボタンは、常に外しておく

 

これはよく知られたマナーだが、ベスト(チョッキ)などでも実は同じだ。

 

3つボタンの場合は、真ん中のボタンのみを留めるのが基本で、デザインによっては上2つを止めてもよい。

 

段返り3つボタンは、3つボタンで、一番上の部分が折り返しになっているタイプ。

 

これは一番上のボタンは使わず、真ん中のボタン一個だけを止める。

 

スーツは、ボタンを留めたときにキレイに見えるように作ってあるが、全部留めると動いたときにシワができてしまうので、一つだけ留めるのが正しいボタンのかけ方ということらしい。

 

立っているときや歩いている時は、ボタンは一つ必ず掛けて、、外してもよいのは座っているときだけだそうだ。

 

ポケットにはできるだけモノを入れない方がよい

ポケットにモノを入れると、シルエットが壊れる。

 

重いモノをポケットに入れると、縦じわが寄るし、分厚い財布を内ポケットに入れると、襟が膨らんでしまう。

 

ズボンのポケットにモノを入れると膨らんで、やはりシルエットが壊れる。

 

胸ポケットに財布や名刺入れを入れるのであれば、それを計算に入れてスーツを買わないといけない。

 

スーツのチェックで「拳一つ分の余裕」が必要だ。

 

上着のポケットにはフラップという布がついているが、これは「雨ぶた」といって、雨が降ったときに、雨がポケットに入らないようについている布だ。

 

イギリスでは小雨が多くて雨が降っても滅多に傘を差さないので、こういうデザインになっているわけだが、日中(昼間)は外に出しておく方がよいとされる。

 

ただし夜のディナーなど、屋内のフォーマルな雰囲気の場では、フラップはポケットのウチに入れて見えないようにする。

 

屋外では出して、屋内ではしまうという考えでもよいが、オフィスなどの仕事場は外という認識で、レストランは逆に内という認識なんだろうな。

 


スポンサードリンク

サスペンダー、プリーツ、クリース

太っておなかが出ている人の場合、ついウエストが大きめのズボンを買ってしまうが、そうするとズボンが下にずれてしまうことが多い。

 

多少のゆとりは必要だが、ゆとりのためにワンサイズ大きくすると、いつもいつもズボンを引き上げないといけなくなる。

 

そうなると裾がだぶだぶになったりして、いろいろと見栄えが悪くなる。

 

そういう場合は、サスペンダーを使ってズボンをつり上げた方がよい

 

またズボンのプリーツ(縦の折り目)が外向きになっていると、腰のところが提灯みたいに膨らんで見える。

 

プリーツというのは、大きめサイズのズボンが、不格好にならないように入れてあるのだが、内側に向くプリーツを選んだ方がよい。

 

逆に細身の人は、プリーツのところに余分な膨らみができてしまうので、ノープリーツの方がよい場合もある。

 

ズボンの裾に入れる縦の線のことをクリースと呼ぶが、スーツ用のズボンにも、クリースがあるタイプと、無いタイプがある。

 

クリースがハッキリしている場合はズボンが立体的に見え、脚のラインを長くキレイに見せる効果がある。

 

ただしクリースのラインがグチャグチャになっていると、かえって悪い印象になってしまう。

 

アイロンでクリースをつける、クリースが2本になったりして、見苦しくなってしまうことも多い。

 

クリースは、湿気や日常の動作によって取れてしまうので、クリースありのズボンをはく場合は、毎日チェックが必要だ。

 


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加