カジュアルシューズはダメ

スーツ選びの次は、靴選びだ。 

 

本来は靴を先に買ってから、スーツを選ぶのが正しい順序なのだが、説明の都合上、ここで取り上げる。 

 

さて、スーツに合う靴の選び方は、実はあまり選択肢がない。 

 

というのもスーツには、スーツ用の靴があり、その中から選ぶしかないからだ。 

 

革靴だったら、何でもよいというわけではなく、ひものついてない靴は原則としてダメで、革靴でもスリッポンとか、サンダルはもちろんダメだ。 

 

スーツ用の靴としては次の5種類があり、仕事でスーツを着るならストレートチップとプレーントゥは、最低でも1足ずつ持っておくべきだろう。 

 

スーツ用の靴のいろいろ

フォーマル度の高い順番から紹介する。 

 

ストレートチップ
つま先に横線が入ったタイプ。 

 

冠婚葬祭にも使える、一番フォーマルな靴

プレーントウ
 つま先に横線が入らないタイプの靴。 

 

これも冠婚葬祭に使える。 

 

多少履きやすい

ウイングチップ
つま先にW字の切り替えがあり、飾り穴(メダリオン)がつけられたタイプ。 

 

正式な冠婚葬祭には使えないが、ビジネスカジュアル用の靴。 

 

モンク(修道士)ストラップ
 ヒモではなくバックル式の靴。 

 

なかなか似合う人は少ない靴

Uチップ
つま先にUの字型の切り替えが入ったタイプで、一番カジュアルな靴。 

 

冠婚葬祭には使わない方が無難



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

ビジネスシューズの手入れ

スーツに合わせることができる靴は、ストレートチップ、プレーントゥ、ウイングチップ、モンクストラップ、Uチップの5種類だ。 

 

ただ結婚式やお葬式などの正式な場に履いていくことを考えると、ストレートチップか、プレーントゥしかない。 

 

履き心地は、プレーントウの方が良いが、靴の履き心地は自分の足の形にも関係があるから、普段履きに使う靴は、しっかり選ぼう。 

 

日本人の場合は、足幅が広い人が多いので、4Eなどの幅広サイズを中心に探すと良い。 

 

ちゃんとした靴の相場・価格としては、5万円〜10万円くらいだという。 

 

靴は3足以上もちたい。 

 

結婚式やお葬式に履くフォーマルなストレートチップ。 

 

日常的に仕事に履いていくためのプレーントゥ、ビジネスカジュアル用に履くモンクストラップかUチップを一足ずつ。 

 

色は原則として黒。 

 

ベルトや鞄と揃える。 

 

靴とベルトとバッグは、できれば同じブランドで揃えたいところだが、とにかく同じ色合いで、似た風格のモノが良い。 

 

人間は1日靴を履いたら、コップ半分くらいの汗をかいているので、1日履いたら2日くらい休ませて乾かすのがベスト。 

 

靴のサイズは、横幅にも注意。 

 

足裏が横にべたっと広がっている場合は3Eとか4Eを選ぶ。 

 

靴を選ぶ際のチェックリスト
  • つま先にゆとりがある
  • 足の甲が圧迫されない
  • 幅がピッタリかどうか
  • 土踏まずやかかとのアーチに脚がフィットしているかどうか
  • 外くるぶしが靴に当たらないかどうか。 

     

  • カカトが余らないかどうか。 

     


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング