ファッション雑誌に載ってる「謎のお洒落」の正体

メンズファッションには、謎が多い。 

 

というのも、オジサンから見て、どうみても「ダラシナイ格好」を、良いコーディネートとして紹介している雑誌や本が多いからだ。 

 

特に10代や20代向けのメンズファッション雑誌や本に載っている「お洒落なコーディネート」の例は、どうみても「ダラシナイ」。 

 

一体これのどこが、お洒落なんだろう?と思う。 

 

変な話、革ジャンを必須アイテムにしている、不良っぽい雑誌のコーディネートの方が、はるかに、お洒落っぽく見えたりする。 

 

ワイルド系の革ジャン・革ズボンの方が、若者向けのメンズファッション雑誌に載っているお洒落なコーディネートより、はるかに格好良い。 

 

一体なぜこんな風に感じるんだろう?と思ったが、少しずつその理由が分かってきた。 

 

というのも若者向けメンズファッションで、重要視しているポイントは、「子供っぽく見えない」「オジサン臭く見えない」というところにあるようなのだ。 

 

そのため、子供が好んで着るような服や、オジサンが好んできているような服を、選択肢から排除してしまう。 

 

子供が着る服は、カジュアル寄りで、オジサンが着る服は、フォーマル寄りだとすると、カジュアルでもなく、フォーマルでもない。 

 

この謎の領域のコーディネートが、若者向けのメンズファッションってことらしい。 

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
リニューアル!そのファッション、モテません!モテるファッションとは?2018年のコスパ最強ブランドも紹介!

子供っぽくなく、かつ、おじさん臭くない服装。 

若者向けのメンズファッション雑誌や、若者向けのファッション指南本を見ると、どうみても「ダラシナイ格好」ばかりである。 

 

というのもどうやら彼らは、「子供っぽく見えない」という基準と「オジサン臭く見えない」という二つの基準で考えているかららしい。 

 

子供っぽい服をカジュアル、オジサンっぽい服をフォーマルとすると、カジュアルでもなく、フォーマルでもないという、何かよく分からないゾーンで、コーディネートをしていると言うことらしい。 

 

そのため、スーツやセットアップと言った「大人の着る服」はメインから外れる。 

 

スーツはフォーマルすぎるし、オジサンっぽい服装なので避けるのだ。 

 

替わりに、よりカジュアルに近いジャケットを選び、ネクタイをするとフォーマルになってしまうので、ノーネクタイというのが「お洒落」ってことらしい。 

 

まあ、ちょっとした買い物や遊びに、スーツなんか着ていけないって事もあるし。 

 

またポロシャツやゴルフウエアも、オジサンっぽく見えるので敬遠する。 

 

ポロシャツやゴルフウエアというのは、イギリスの「上流階級の運動着」だから、上等のカジュアルウエアなんだけれど、オジサンっぽいという理由で排除する。 

 

その結果、残ったアイテムでコーディネートすると、「変なカジュアルウエアの寄せ集め」になる。 

 

さらにカジュアルウエアを「ラフ」に着るもんだから、どうしても「ダラシナイ格好」になるらしい。 

 

カジュアルウエア × ラフ = ダラシナイ
ということだね。 

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング